読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けものフレンズの魅力と違和感

【オリジナル】「竜の要求」イラスト/ニッペルフ [pixiv]

↑背景からキャラはまだ浮いているだろうか?


 夜中のテレビは危険である。
ふとつけてボーとみているとそのまま寝ていたり、なかなかOffにできず見続けてしまう。ほとんどの番組構成もなんか適当に編成している感じで緩い。そんな中で今話題(?)のけものフレンズを視聴している。

 この物語は、主人公はふと気づくと荒野のただなかにいて、たまたまいた動物の耳としっぽの生えた女の子と「図書館」を目指して旅をする話である。ぼっとみると結構面白い。暴力的シーンもないし、萌えキャラしかいないのでゆっくり見られる。どうしてこんなところに主人公がいるのか伏線を少しずつだされており、ちょっとしたSF感がある。また、ショートコーナーがあり、各話で出てくる萌えキャラのもとになった動物について簡単に説明が入っているものいい。
ETV、3ちゃんを夜中に見ている感じになる。
ガチンコでしっかり視聴すると金がかかってないし作りが雑だが、ぼんやり見るのはとてもいい作品だと思う。

 ただ、意識をしっかりしてみていると何だろう?画面に違和感があり、別のアニメにない変な気分になる。そこで無料のネット放送の1話を見返してみた。結論から言えば、キャラが「浮いている」ことがこの違和感の原因だとわかった。こういった作品の質の良し悪しというよりも、映像作品や絵画などに対する認識の仕方が変わってきている自分自身の問題のようである。これは絵を描くようになって、他の作者様の作品と差別化するために、どうやったら立体感のあるものを作れるかという点に目が行くようになったことが原因だろう。

 

 自分の認識の変化につながった描き方について書いてみる。
カラーで絵を描いているが、専門教育はまったく受けていないので、常に完成に向けての書き方は変化している。着眼点も少しずつ変わってきており、今の最も気を付けているのは、着色について単純に栄える色の選択よりも、影と陰を意識して描くようにするようにしている点である。注目する以前は影を意識したものを背景とキャラで別々に作ると、それを重ねた際にうまくはまり込まないことがあった。異なる写真を2枚重ねたような違和感があり変な出来上がりになることが多かった。そこで実際の写真をよく見て気づいたのだが、キャラによる背景への陰がしっかりと反映されておらず、背景にある光源からキャラへの光の投射を意識していないため、おかしな感じになっていることが分かった。つまりキャラと背景が別々の世界にいるように書かれていた。いわば幽霊写真であった。そのためキャラと背景の整合性に注意を払うことにした。少しずつ補正をした描き方を模索しているし、ルーチン化を目指している。
 また、原因がわかれば対処できるし、意図的にそれを使えばキャラを目立たせることもできる。背景を伴った絵を出すにあたって、3次元的位置関係を意識させるために嘘発光(漫画のオーラみたいなもの)や背景からの反射光も加えることができればもっと栄える絵を作れるのでは?と試行錯誤をしているところである。さらに漫画的な集中線のような視線を誘導できるような効果も入れられればもっと違ったものになるのかもしれないと考えている。


 こうやって絵を塗る際着色の焦点がそちらに傾いている時間が多い。
それが無意識に出てきてしまっていることが今回わかったのはちょっと意外だった。
口を開けてただぼんやりアニメが見えなくなるのはちょっと悲しい。

 

 さて、こういった視点からけものフレンズの違和感には2つの注目点があると思う。
 1つ目は、上述した自分のしょっぱいデッサン力でも他の作者の美しい作品と差別することを目標にした試行錯誤の中で苦労している点をこのアニメは全く無視していることである。キャラ自体は3Dでモテリングされたものをボーンを使って動かしているようで、セルアニメのような歪んだ動きがない代わりに全く乱れのない整ったキャラクターを常に表示することができる。それを背景を変化させたり、キャラを小さくしたり大きくすることで動きを出している。よくある3Dアニメのつくりである。しかし、キャラからの背景への効果、例えば急に止まった際に土煙が上がったり、大地か削られるなどの影響が全くない。また、背景側からの効果、日陰なのにその陰がキャラに投射されなかったり、足元に陰がない。そのため、背景からキャラが浮いてしまいまるで水族館で泳いでいるように見えてしまう。この点はアクション物としてきついんじゃないかと思うし、これをどうにかできたら結構いい作品になるんじゃないかとも思う。
 2つ目はキャラの動きに関してジョイントが少なすぎる点である。棒人間の関節が少なすぎて激しいアクションなどをすると本来歪むべき部分が歪まない。例えば足を踏み込むと股関節が左右で変化したり、肩の位置がずれたりしない。そのため、キャラの動きがとても固い。せっかく皮となるキャラの可愛さが動きから見えてこなくなってしまっている。しかし、こんなものはほんのちょっとの変化なので、ちょっと顔を傾けたりするだけでだいぶ変わってくると思うので、もったいないなぁと思う。

 

 まぁ金がない深夜放送ならしょうがないし、3Dを使ったアニメーションも以前と比べればびっくりするほどいいものになったと思うので、これも制作手法変化の過渡期の1作品なのかもしれないと思うが、ヒットの可能性があるのにもったいないなぁと感じざるを得ない。

 

・・・などとぶつぶつ言いながら金を払わず視聴するフレンズは困った客なのだろう。