ギャラリーのご案内

日本の変わってゆく選挙と議員資質

【オリジナル】「さぁ、行こう」イラスト/ニッペルフ [pixiv]

↑どこに行くのだろう?

 

 もうすぐ衆議院議員選挙になるそうだ。自民党としては勝てるギリギリの線で勝負に出てきて面白そうだが、民主党(あえてこの名前)は支持団体ごと引き抜かれるだろうし、維新は大阪以外ではたいして勝てないだろう。
 小池新党は資金と人が集まるか次第だし、ある程度の人には政治能力がないことがばれているので、大勝はしないのかな?と思う。共産党公明党はまぁ・・・
 

 結果が何となくわかってつまらないので、議員の状態を比較して、本来必要とされるの議員の資質を考えてみた。

続きを読む

集合知と情報集積戦略の価値 その2

 

こちらはその2になります。

 

よろしければ、その1からご覧になっていただければ幸いです。

 

 その1ではネット情報の現状について、日本語情報の価値や強度がどの程度意味を持つかを考えてみました。

 

その前提からその2ではその情報処理の可能性について考えてみました。

続きを読む

集合知と情報集積戦略の価値 その1

【オリジナル】「つまみ食い」イラスト/ニッペルフ [pixiv]

↑情報の手に入れて逃げ切れることはできるのか?

 

 インターネットの情報からいろいろ判断しようとすると、結構な割合で間違える。
 全くのウソ、デマ情報に踊らされて右往左往しているわけではないが、間違いに気づいたときはいたたまれないというか恥ずかしい気分になる。
 いくら自分自身が気を付けていたとしても、噂程度で済ませていた情報に対して、それがほぼ事実であるように信じてしまう人がいて、実生活でも迷惑するようなことにもしばしば出くわす。
 また、この雑多なデータ群に目を付けた、NHKでのネット情報を集めて色々やった試みもほとんど無価値なゴミデータ集積所になっている。

 大きいものでは地震のデマであったり、小さいものでは○○の商品がとても美味しいみたいなウソまで多種多様なトラップが転がっている。こういった不確かな情報が広がっているネット空間内だけで知識の共有や集積で思考の向上はあり得るのだろうか?

 

ぼんやりと考えてみた。

 

長いので分けました。その1ではネット情報の現状について その2ではその情報処理の可能性について考えてみました。

続きを読む

色彩と組み合わせ

【オリジナル】「親方に怒られてブー垂れる」イラスト/ニッペルフ [pixiv]

↑一応カラフルになったかな?

 

 きれいでカラフルな絵を描こうとしてもなかなかうまくいかない。輝度やコントラストを考えるというよりも、そのものの持つ色をうまく組み合わせて華やかな感じに持っていければいいのだが、塗ってみるとビカビカになったり、似通った色の組み合わせになることがあったりして微妙な感じになる。
 できる前と後でだいぶ違っているのはいつものことだが、せっかく作ってもいまいちの出来になるのはアレなので、自分なりの解決策を考えてみた。

続きを読む

劇団北朝鮮 その2(連想と考察)

長くなってしまったので、2部に分けました。

よろしかったらその1からご覧になっていただければ幸いです。

続きを読む

劇団北朝鮮 その1(現状認識)

【オリジナル】「魔法、勉強中」イラスト/ニッペルフ [pixiv]

↑よく見ると色々隠れている。

 

 昨日(2017年9月3日)に水素爆弾の起爆実験をしたことが報道された。先日の日本をまたいだ大陸間弾道弾の発射実験に続き行われた凶行は世界に戦争と核の脅威を知らしめた・・・
 もちろん、核やミサイルを北朝鮮が持っており使用実験をしていることは間違いない事実であるが、その他についてはなんだか意味不明な情報ばかりなような気がする。

 この時事ネタがブレイキングニュースに乗るといつも頭に昇ってくるのはオウム真理教地下鉄サリン事件である。
 軍事関係に全くの素人であるが、素人なりの疑問点と考察をしてみた。

続きを読む

タクシーの窓の外ともう一色

【オリジナル】「上から下へ」イラスト/ニッペルフ [pixiv]

↑実験的に色を加えたクラゲ女

 

 ちょっと偉い人たちのパーティに遅れて出席した。「ちょっと」豪勢なパーティは立食・ビュッフェスタイルで、こういう形式の常として、初動の食糧確保に失敗すると、途中からの補給がめったに行われないので、くいっぱぐれる。
 そういった関係上、遅れた自分が目にしたものは銀色の大皿に残ったレタスとプチトマトだけであった。悲しいウサギ気分で野菜を安ワインで流し込みながら、軽く挨拶をしてちょっと偉い人のちょっと偉い話を聞いて、愛想笑いと一緒にタクシーで帰ることにした。


 帰り道、車の外の景色を見て、考えたことと閃いた描き方を忘れないうちに描いておこうと思う。

続きを読む
COPYRIGHT Nipplelf ALL RIGHTS RESERVED.